スチームクリーナーのタイプを理解して選ぼう

テレビや雑誌・ネットでも話題となり、注目度が高まっているスチームクリーナー。 注目が高くなるにつれ「買ってみようかな。」と考える人も増えていますが、人気商品ほど注意したいのが衝動買いです。

スチームクリーナーのことをよく知らないままに勢いで購入し、後々後悔するハメにならないためにも、まずはスチームクリーナーのタイプについて理解を深めましょう。

スチームクリーナーには、現在3つのタイプが存在しています。

モップの形状で前後に動かすことで掃除をする、モップタイプ。 片手でも扱えて細かい場所を掃除するのに便利な、ハンディタイプ。 掃除機のような形状でオプションの付け替えにより様々な場所で使える、キャニスタータイプ。

タイプによってメリットとデメリットがあり、使える場所の範囲も変わってきます。 自分の使用目的に合わないタイプを購入してしまっては、出番がないまま処分することにもなりかねません。

スチームクリーナーを3つのタイプ別に特徴をよく理解し、自分に合った用途で活躍させられる商品を選んでいきましょう。

キャニスタータイプ



モップタイプのメリット・デメリット

モップタイプのメリットは、形状が細くコンパクトで置き場所に困らない点が挙げられます。

自宅にスペースがなく置き場所に困る方の場合も、モップタイプであれば収納に困ることもないかもしれません。

使用する際も、雑巾掛けのように足腰に負担をかけることもないため、床掃除を楽にすることができるでしょう。 デメリットとしては、連続稼働時間が短い点が挙げられます。

短いもので5分程度しか連続稼働できないため、水の補充に手間がかかります。

例えば、シャークスチームモップならタンクに水を入れてから15分程度は連続稼働できますが、それでもキャニスタータイプと比較すれば短めです。

また、水の入ったタンクごと本体を動かさなければいけないので、手軽な見た目とは異なり、重量感のある使い勝手となります。

収納スペースに困っていて使用目的は床のみといった方であれば、モップタイプは向いているといえるでしょう。



ハンディタイプのメリット・デメリット

ハンディタイプのメリットは、片手で持ち歩ける・ピンポイントで使用できる点が挙げられます。

このことから、キッチンや窓・壁の使用に向いているタイプと言えます。

また、3つのタイプの中でも最も低い価格帯となっていることから、金銭的な負担が少ないことにも大きなメリットがあります。

キャニスタータイプと比較すれば、保管スペースも然程必要となりません。

デメリットとしては、床掃除といった幅広なスペースの使用には向いていない点が挙げられます。

また、本体の重さプラス水の入ったタンクの重さが加わりますので、思ったよりも腕に負担がかかり疲れやすい面があります。 連続稼働時間についても、キャニスタータイプと比較すれば短めです。

連続稼働時間は、アイリスオーヤマのハンディタイプで12分、シャーク スチームポータブルで10分~15分程度となっています。

長時間使用する場合はモップタイプ同様、水の入れ替えに手間をかけることになります。 使用箇所がキッチンだけで価格が安いものを探している方であれば、ハンディタイプは向いていると言えるでしょう。


キャニスタータイプのメリット・デメリット

キャニスタータイプのメリットは、汎用性が高い点が挙げられます。

その見た目からして、キャニスタータイプはモップタイプのように床用と思われがちですが、オプションによってはキッチン、窓・壁など、どこにでも対応させることができます。

オプションについては本体に付属している場合もあれば、別売りの場合もあります。

例えば、スチームファーストの場合は17個のオプションが本体に付属しています。 また、キャニスタータイプは本体に重量がありますが、使用時に手に持つのはホール・ノズル部分のみとなるため、見た目以上に扱いやすい面も持ち合わせています。

連続稼働時間も長いものが多く、スチームファーストの場合で45分程度、ケルヒャー製品の場合で30分程度となっています。

デメリットとしては、置き場所にスペースが必要になる点が挙げられます。 また、その使い勝手さ故に価格も高めになりますが、一台でモップタイプやハンディタイプの使用箇所をカバーできるという面から考えれば、コストパフォーマンスは高くなります。

使用目的が幅広く収納スペースに困らない方であれば、キャニスタータイプは向いていると言えるでしょう。


スチームクリーナー3つのタイプのまとめ

簡単な説明でしたが、スチームクリーナの3つのタイプについて、少しは特徴を理解していただけたでしょうか。

とにもかくにも、スチームクリーナーは自分の使用目的に合ったタイプを選ぶことが重要です。

床に使いたいのならモップタイプ

キッチンや窓に使いたいのならハンディタイプ

あらゆる箇所に使いたいならキャニスタータイプ

この3つ踏まえた上で、あなたに合ったスチームクリーナーを選んで頂けたらと思います。

また、扱う時の重量はモップタイプやハンディタイプよりもキャニスタータイプの方が軽いこと等、視覚だけでは理解できない面も是非ポイントとして押さえてみてください。

もし色々比較したけれど何を買ったらいいか決め手に欠けるという場合、ここではスチームファーストをお勧めさせて頂きます。

その理由は、スチームファーストはキャニスタータイプで付属品も充実しており、多機能で扱いやすいスチームクリーナーだからです。

「ハンディがいいと思ったけど、結果的にモップタイプも欲しくなった。」なんてことになるのも、スチームクリーナー選びではよくある話です。

結果的にあれもこれもで「何台もスチームクリーナーを買ってしまった...。」ということにならないためにも、予めより多機能なスチームクリーナーを選択することをお勧めします。



スチームクリーナー

 スチームクリーナー